たくろぐ

ゆとり・さとり世代と呼ばれる男子の日記であり独り言でありどうでもいい備忘録

四半世紀目になったので振り返ろうと思う。

12/19昨日は25歳の誕生日を迎えました。
僕の友人なんかはこの歳になると、もうアラサーや…と感じる人が多いように感じます。


でもまだまだ25歳。まだまだ若い。
なんでもできます。
挑戦あるのみです。

 

と、こんな前向きな言葉を並べていますが、僕は昔超絶ネガティヴな人間でしたし、超絶人見知りで、超絶暗い人間でした。

 

でも最近は「お前結構ポジティブだよな」とか「なんか楽しそうだな」と言われる機会が多くなりました。

自分で言うのもアレですが性格が180°変わったと思います。

 

節目の機会折角なので…
なんで変わったんだろうと振返り、これからも大事にしていきたい姿勢を書き留めたいと思います。
(若干 自分用のメモになりますが…笑)

 

1.嫌なことは嫌とはっきり言う

 

中学校に部活動がありましたね。
僕の地元はド田舎だったので、中学校全員合わせて30人も居ませんでした。
なので部活も1つしかなかったので、皆んなその部活しかやれない環境でした。

 

入部したはいいですが、運動が嫌で嫌で仕方なく、それで学校に行くのが嫌になって、結果統合失調症になりました 笑

甘えと言われればそうでしょう。
ただ当時の私にとっては地獄の日々でした。


このままでは勉強も出来ず、何も出来ないままになると思った私は辞める決意をし、直ぐに先生にその旨を伝えました。

それからは自分のやりたい絵を描いたり、部活のサポートをしていました。

 

本当に嫌な事をやり続けると身体を壊すんですね。嫌な事は嫌とはっきり言って、やめるのが一番です。
そして好きな事、やりたい事に時間を使った方が良いと思います。


2.気になったらとりあえずやってみる

 

嫌々辞めても、じゃあその後何をやるの?っていうお話です。

やりたい事、夢がある方をそれに向かって愚直に、まっすぐに行くのみです。

 

ただ、特に何もないなという方。
気になったらとりあえずやってみるという姿勢でいいと思います。
なぜかというと、いつでもやめられるからです。

 

ネットやSNSの発達で、情報が溢れんばかり入ってきます。
twitterfacebookのタイムラインを追っている時、何か1つや2つ気になる事があるんじゃないかと思います。
やってみたいけど、やれていない事あるんじゃないかと思います。

 

そこで踏み止まずに、最初の一歩を踏み出してみる。
グライダーのようなもので、最初の力(勇気)があれば、結構いけちゃいます。


3.自分が楽しいと感じるモノ・コト・ヒトを大事にする

 

とりあえずやってみる事が大事だと書きましたが、やると、つまんないもの楽しいもの色々出てきます。

そこで楽しいと感じるのを優先して行動しましょう。


当たり前ですが、楽しくない事やってたら、楽しくない人生ですよね。


と、ここまでつらつら書きましたが
結局のところ自分の人生を生きるという事です。

 

これには相当の責任と覚悟が必要ですが、覚悟を持って必死でやれば結果はいつかついてくると思っています。

好きな事、やりたい事であれば夢中になって出来る。そしていつかそれが強みになり、自分の強力な武器になる。

 

真面目くさってしまいましたが、
今日も丁寧にいきましょう